企業情報

COMPANY

社長メッセージ

Message
時代を先行く川島組をめざして 望月 光雄 株式会社川島組 代表取締役 社長 常に挑戦

企業の責任

私は新入社員で入社した会社で、創業者の松下幸之助の経営理念として“企業は社会の公器である”という考えを叩き込まれました。“公器”とは字が示すように企業は社員や資金などを“世の中”から預かっている“器”であり、その“器”には預かっている責任、つまり社会に役立つようにする義務があるということです。
人材を預かっている企業が赤字を出し続けて税金を払えないなら、資源を借りている対価を世の中に還元できない点で罪悪であるという考え方です。自分の企業利益だけを追及するのではなく、社会の発展に貢献することも責務だということです。
私は世の中からの預かりものである社員に対して責任を持って教育し、仕事上のスキルはもちろん、それ以上に人間的にも成長してもらいたいと考えています。単に川島組という一企業のためだけではなく、グローバルな視野に立ってこれからの世の中に大きく貢献できる人材に育つことを期待しています。

技術革新と非連続な変化

今から20年くらい前の世の中では、各業界で革新的な技術開発が行われていました。そのスピードがどんどん速くなり、それでも成長の予想曲線の延長上にありました。その成長スピードに付いて行けば良かっただけの時代は、1990年代頃に限界を迎え、その頃からAppleやGoogleなど従来の延長上にない全く新しい発想の製品やサービスを提供する会社が台頭し始め、これが非連続な変化の始まりでした。

我々の建設業も同様に、現在の延長上の技術開発だけでは不十分になってきています。AIやIoT、ロボットなどの技術やサービスの革新が進むと業界の垣根が無くなり、予想もしないライバルが現れることも考えられます。建設業の現場環境の改善、仕事の効率化を目指し、技術開発を進めていきます。

非連続な変化に柔軟に対応できる人材

これから社会人になる人の平均寿命は100歳を軽く超えると予想されていています。年金などの国の施策もあって、恐らく今後定年は70歳や80歳以上まで伸びるでしょう。そうなると現役で仕事をする期間が今より1.5倍に伸び、今後社会の非連続な変化が進む中で、以前のように“この道ひと筋何十年”というような考え方が全く通じなくなります。
単に知識を多く持っている人より、むしろ世の中の常識に捕らわれず、変化を楽しむチャレンジ精神旺盛な人を求めています。

川島組はベテランの社員から若手、女性など様々な考え方や価値観を持った人々が共に活躍している会社です。2030年には創業100年を迎えますが、これからも新しいことに挑戦し続けていきます。

会社概要

Overview
社名株式会社川島組
創業昭和6年(1931年)12月
設立昭和36年(1961年)12月
社長代表取締役社長 望月 光雄
資本金3,000万円
売上高28億1,000万円(令和元年)
従業員数34名(男30名 女4名)令和2年5月31日現在
事業内容総合建設業(土木・建築工事請負業) 不動産業
登録建設業許可 静岡県知事 (特-1)第4640号
宅地建物取引業 静岡県知事 (12)第4070号
労働者派遣事業 派22-300925
本社〒436-0042 静岡県掛川市二瀬川4番1号
電話(代表)0537-22-0505 FAX 0537-22-1003
関連会社掛川アスコン

役員

代表取締役社長望月 光雄
代表取締役副社長小田島 晋
取締役小田原 浩司
取締役新毛 康之
取締役佐藤 信彦
監査役吉田 杉明

有資格者技術者数

一級建築士6名
二級建築士4名
1級建築施工管理技士15名
1級土木施工管理技士9名
宅地建物取引士2名
2級建築施工管理技士3名
2級建設業経理士5名
ファイナンシャルプランニング技能士2名
掛川市の発展と共に90年

アクセス

ACCESS

沿革

History
昭和6年12月川島忠平により創業
昭和36年12月株式会社川島組 設立
昭和53年4月不動産部門 設立
平成22年2月特定労働者派遣事業 届出
平成30年10月労働者派遣業許可 取得
令和元年6月株式会社タカヤと業務資本提携 締結
令和元年6月株式会社タカヤ ファクトリアグループに加入

当社の取組み

Our approach

川島組は事業活動を通して
経営理念の実現を目指すと共に、
持続可能な社会づくりと社員一人ひとりが
生き生きと働ける職場づくりに
取り組んでいます。

ページの先頭へ